ホワイトニング直後に食べてはいけない食べ物とおすすめメニュー


ホワイトニングにより歯が白くなった後、その効果を長持ちさせたいと多くの人が思います。ただし、ホワイトニングによる効果は永遠に持続するわけではなく、時間が経つにつれて歯は徐々に元の色に戻ります。そのため、ホワイトニング直後の食事管理が再着色を防ぐ鍵となります。このページでは、ホワイトニング後におすすめの食事や避けるべき食品について詳しくご紹介します。白く美しい歯を保つためのポイントを押さえ、日常生活での注意点を知ることができます。

ホワイトニング治療後、いつから食事をしたらいいの?

ホワイトニングをした直後から食事を摂ること自体に制限はありませんが、食べ物の選び方は重要です。

ホームホワイトニングの場合、数週間、毎日マウスピースを使用して歯を段階的に白くしていきます。この期間中は特に色のつきやすい食べ物や飲み物を避けた方がいいです。マウスピース使用後の2時間は、色素の強い食品を特に避けた方がいいでしょう。

ホワイトニング治療後に避けるべき食品

ホワイトニング治療を受けた後、歯は一時的に色素を吸着しやすくなるため、ポリフェノールやタンニンが豊富な食べ物を控えた方がよいです。また、喫煙は歯の着色を促進するため、白さを保ちたい場合は禁煙が理想です。

避けた方がいい食べ物


  • トマトベースのソース
  • カレー
  • 醤油やその他の濃い色の調味料
  • ケチャップ
  • キムチ
  • チョコレート
  • ベリー類(ブルーベリー、ストロベリーなど)
  • レモンなどの酸味の強い果物

避けた方がいい飲み物


  • コーヒー
  • 各種茶(緑茶、紅茶)
  • 赤ワイン
  • 炭酸飲料

レモンやその他の酸味の強い果物の色は薄いですが、酸が歯に影響を及ぼすことがあります。また、色がない炭酸水も、歯のエナメル質を侵す可能性があるため、注意が必要です。完全にすべての食品を避ける必要はありませんが、摂取後は水で口をすすぐなど、着色を防ぐための工夫をしましょう。

ホワイトニング後におすすめの食品

ホワイトニング治療後でも、着色のリスクが低い食品なら問題なく食べることができます。基本的には色が薄い、または白い食品がよいとされます。

ホワイトニング後に食べるおすすめの食べもの


  • 白いご飯
  • 白身の魚類
  • ホワイトソースを使用した料理
  • クリームベースのパスタ
  • プレーンヨーグルト
  • 白パン
  • 白い野菜(大根、カリフラワー)
  • 色が薄い果物(バナナ、リンゴ)

調理の際は、濃い色の調味料を避け、塩や出汁で味付けをすると良いでしょう。

ホワイトニング後のおすすめの飲み物


  • 牛乳
  • 淡色のハーブティー
  • 白ワイン

無色または白色のジュースも選択肢の一つです。

食事の後はしっかりケアをしましょう!

食事


毎回の食事後には、歯を磨きましょう。これにより、食べ物による着色のリスクを減らし、虫歯や歯周病の予防にもつながります。歯の美しさと健康を保つため、入念なブラッシングを習慣にしましょう。

外出先で歯磨きができない場合には、少なくとも食後にはうがいをしましょう。うがいだけでは歯磨きほどの効果はありませんが、食べカスと着色原因を洗い流すことができます。

食後に水を飲むことも、着色を予防する効果的な方法です。

口腔ケアグッズ

定期的な歯科検診


ホワイトニングを行った後の白さを保つためには、歯科医院でのプロフェッショナルクリーニングも効果的です。専門の機器とクリーニング剤を用いて、普段のブラッシングでは落とせない汚れを除去します。これはホワイトニングの効果を高めるものではありませんが、達成した白さを維持するのに効果的です。また、ホワイトニング後に色が戻ってしまうことが気になる場合は、継続してホワイトニングを行うことを検討してください

歯科検診

ホワイトニング治療後の食べ物・飲み物選びは、治療効果を保つ上でとても重要です。色素が強い食べ物や飲み物の摂取は控え、適切な食事管理を心がけましょう。また、定期的に水を飲んでお口の中を潤し、こまめに歯を磨くことで、ホワイトニングの効果を長く保つことができます。大谷歯科医院では、ホームホワイトニングを提供しています。白く輝く歯で自信を持ちたい方は、ぜひ前橋市の歯医者【大谷歯科医院】にご相談ください。