なぜ歯は黄ばむのか?原因と改善方法


毎日しっかり歯を磨いているのに、なぜか歯の黄ばみが気になることはありませんか?実は、歯の黄ばみにはさまざまな原因があります。コーヒーや紅茶、ワインなどの飲み物や、タバコの喫煙、さらには加齢による影響もあります。このページでは、歯の黄ばみの主な原因を詳しく解説し、効果的な改善方法をご紹介します。歯を白く保ち、自信のある笑顔を手に入れたい方必見です!

歯の黄ばみの原因

食べ物・飲み物


歯の表面に付着する汚れや色素が原因の黄ばみがあります。これをステインと呼びます。コーヒーやワインなどの飲み物、カレーやチョコレート、ベリーなどの食べ物に含まれる濃い色素が歯に付着することで黄ばみを起こします。

赤ワイン

タバコ


タバコを吸う人は特に注意が必要です。タバコを燃やすとタール(ヤニ)が発生します。このタールは黒に近い茶色をしており、歯に汚れを付着させます。また、タールはネバネバした性質を持っており、歯の表面に付着すると接着剤のように食べカスを吸着し、黄ばみの原因となります。

タバコ

プラークと歯石


歯をしっかりと磨けていないと、歯の表面にプラーク(歯垢)が溜まります。このプラークは最初は白っぽいですが、時間が経つと黄みがかってきて、約2日で歯石に変わります。プラークは虫歯や歯周病菌の塊で、歯石はそれらの細菌の住む場所になります。虫歯が黄色っぽく見えることもあり、歯周病になると黄色い歯石が歯を覆うため、歯が黄ばむ原因となります。

加齢


歯も身体と同じように年を取ると変化します。年齢を重ねると新陳代謝の影響で歯の色が濃くなり、若い頃に比べて黄色味が強くなってきます。また、加齢とともに歯の外側のエナメル質が薄くなり、内側の黄色みが強い象牙質が透けて見えるようになるため、歯が黄色っぽく見えるようになります。

加齢

歯の質


歯はエナメル質という固くて半透明の組織で覆われています。その内側には象牙質があり、これは薄い黄色や黄褐色の比較的柔らかい組織です。もともと歯が黄色っぽい人は、この象牙質の色が濃かったり、エナメル質が薄かったりすることで象牙質の色が透けて見えることが原因です。

歯の黄ばみを改善する方法

ホワイトニング


歯の黄ばみは、加齢や歯の質によるものであり、歯磨きや一般的なクリーニングでは改善が難しい場合があります。こうした内的要因による黄ばみには、ホワイトニングが効果的です。ホワイトニング剤を歯の表面に塗布することで、歯の黄ばみを分解し、内側から漂白することができます。これにより、本来の歯の色よりも白くすることが可能です。

ホワイトニングの効果には個人差がありますが、継続的に行うことで歯は確実に白くなります。加齢や歯の質による黄ばみに悩んでいる方や、現在の歯の色よりも白くしたい方には、ホワイトニングの検討をおすすめします。

クリーニング


外的要因による歯の黄ばみ、例えば着色や歯垢・歯石などの汚れは、時間が経つと定着し、歯磨きだけでは取り除くことが難しくなります。さらに、表面の汚れが時間の経過とともに歯の内部にまで浸透することもあります。

定期的に歯科医院でクリーニングを受けることで、歯磨きでは落とせない汚れを徹底的に除去することができます。また、クリーニングは歯の表面に汚れがつきにくくする効果もあり、定期的に行うことで歯の黄ばみを予防することができます。

歯の黄ばみの原因には、加齢や歯の質による内的要因と、着色や歯垢・歯石などによる外的要因の2つがあります。

外的要因による黄ばみの場合、日々の歯磨きを丁寧に行うことや、歯科医院でのクリーニングが効果的です。一方、加齢や歯の質による内的要因で黄ばんでいる場合は、歯の汚れを取り除いても改善が難しいため、ホワイトニングを検討してみてください。

歯の黄ばみの原因は多くありますが、どんな方でも飲食物や加齢により少しずつ黄ばみが生じます。黄ばみの原因を理解し、適切に予防することが大切です。当院では、自宅で行えるホームホワイトニングをご提供しています。ホームホワイトニングは、歯科医院に頻繁に通う必要がなく、好きなときに好きな場所でホワイトニングが可能です。

歯の黄ばみが気になる方は、ぜひ前橋市にある「大谷歯科医院」にご相談ください。